背景色
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

沖縄県 聖火ランナーのお申し込みは、ページ下の「Webお申し込み」をご覧ください。

聖火ランナーの基本応募要件

聖火ランナーにご応募いただくためには、以下の基本応募要件を満たす必要があります。

  • 2008年4月1日以前に生まれた方とします。ただし、 2020年3月1日(聖火リレー開始月の初日)時点で、18歳未満の方は保護者の同意が必要です。
  • 原則として、走行を希望する各都道府県にゆかりがある方(現時点または過去に居住していたことがある方、現時点で所属している職場や学校がある方、家族や親戚が居住している方、過去に活動したことがある方など)とします。
  • 国籍・性別は問いません。
  • 自らの意思で火を安全に運ぶことができる方とします。ただし、介添えスタッフ(介添者)のサポートは必要に応じて可能です。
  • 政治的・宗教的メッセージを伝えることを目的とする方は、聖火ランナーになることはできません。
  • 公職選挙法に規定する公職にある方(国会議員、地方公共団体の議員・首長)、公職の候補者や候補者となろうとする方、政党や政治団体の党首及びこれに準ずる方は、聖火ランナーになることはできません。
  • 宗教家が、宗教上の実績で評価されて聖火ランナーになることはできません。

聖火ランナー選定の基本的な考え方

東京2020組織委員会が定める東京2020オリンピック聖火ランナー選定の基本的な考え方は、下記のとおりです。

対象:全ての人々

  • 国籍、障がいの有無、性別、年齢のバランスに配慮しながら、幅広い分野から選定し、開かれたリレーとする
  • 地域で活動している人を中心に選定

復興・不屈の精神(支えあう心)

  • 日々の生活の中でも、家族、仲間、同僚などお互い支え合って、あきらめずにどんな困難にも立ち向かう人
    (例) 復興のために、地域コミュニティ再生に多大な貢献をした人

違いを認めあう包容力(認めあう心)

  • 様々な人々との違いを認めあいながら新たなものに取り組んでいる人
    (例) 様々な個性の子供たちのためのスポーツコミュニティを作り、多くの人が集う地域の拠点を作った人
    地域の人と移住者をつなげて、新たな地域ブランド構築に貢献した人

祝祭による一体感(高めあう心)

  • ランナーとして走ることで、地域の一体感を高め合うことができる人
    (例) 地域の伝統文化活動を縁の下で支えている人

沖縄県実行委員会の聖火ランナー選定の基本的な考え方

  • 地域とのゆかりを十分考慮し、選定する。

応募にあたっての注意事項

応募について

  • 聖火ランナーの公募は、各都道府県実行委員会及び東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナー4社(日本コカ・コーラ株式会社、トヨタ自動車株式会社、日本生命保険相互会社、日本電信電話株式会社(NTT))によって、それぞれ実施されます。東京2020組織委員会は公募主体ではなく、東京2020組織委員会への応募は無効となりますので、ご注意ください。
  • 同一人物が「複数のプレゼンティングパートナーへの応募」又は「プレゼンティングパートナー及び都道府県実行委員会への同時応募」をすることは可能ですが、「複数の都道府県実行委員会への応募」はできません。
    ※複数の都道府県実行委員会への応募が判明した場合、これらの応募は無効となり、いずれの都道府県実行委員会においても聖火ランナーとして選定されることはありませんので、ご注意ください。
  • 1名ごとにご応募ください。複数人が連名で応募することはできません。
  • 申込者自身の自己PRや応募動機の記載と、申込者を聖火ランナーとして推薦する方(申込者との関係性を問いません。家族・友人など親しい関係の方でも可能です。)からの推薦理由の記載が必要です。
  • 落選された方への落選通知は行いません。
  • 当選、落選の理由は、開示されません。理由についてご照会いただいても、お答えすることはできませんのであらかじめご了承ください。
  • 応募用紙の記載に虚偽・不正がある場合は、応募は無効とさせていただきます。

走行場所等について

  • 1名あたりの走行距離は、約200mです。(200mを上回る場合や、満たない場合もありますので、ご了承ください。走行速度は、ご自身のペースでゆっくり走る程度です。)
  • 走行日時・走行場所は、当選後に、東京2020組織委員会が別途指定します。なお、沖縄県内の様々な場所(島しょ部などを含む)が指定される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

走行に必要な器具や補助について

  • 車いす等の走行に必要な機器・器具が必要な場合は、ご自身で手配をお願いします。
    ※車いすに聖火リレー用トーチを接続するアタッチメントは、東京2020組織委員会にて手配します。
    ※単独走行が困難な方は、介助者を1名付けていただくことが可能です。
    ※必要に応じて、身体障がい者補助犬とともに走行することを許可いたします。
    ※介助者は「聖火ランナー」の位置づけではありませんが、走行時に聖火ランナーとは別途ユニフォーム(聖火ランナーのユニフォームとは異なり、自身の服装の上から着用する単一サイズのもの等)を貸与予定です。なお、介助者の年齢は、聖火リレーと同様、2008年4月1日以前に生まれた方とし、政治・宗教に関わる規定についても、聖火ランナーの基本応募要件に準ずるものとします。

走行時の注意事項

  • 聖火ランナーとして走ることを、宗教的・政治的な目的で利用することはできません。
  • 私的な宣伝・PR行為はできません。
  • 身体障がい者補助犬を除き、動物を伴って走ることはできません。

アンブッシュ・マーケティングの禁止

  • 聖火ランナーは、東京2020組織委員会より別途認められた場合を除き、特定の商品若しくはサービス(以下、総称して「商品等」といいます。)と、東京2020大会、東京2020オリンピック聖火リレー、オリンピックムーブメント又はパラリンピックムーブメントとを関連付けてはならず、また、そのように受け取られるおそれのある行為をしないでください。
  • 聖火ランナーは、東京2020組織委員会より別途認められた場合を除き、商品等が、東京2020組織委員会、国際オリンピック委員会、国際パラリンピック委員会、日本オリンピック委員会又は日本パラリンピック委員会(以下、総称して「組織委員会等」といいます。)のいずれかによる公式のものである旨、組織委員会等のいずれかにより選ばれたものである旨、組織委員会等のいずれかにより承認されたものである旨、組織委員会等のいずれかによる保証を受けたものである旨、組織委員会等のいずれかにより推奨されている旨、組織委員会等のいずれかによる同意を得たものである旨、その他これらに類する事実を表明してはならず、また、そのように受け取られるおそれがある行為をしないでください。
  • 聖火ランナーは、組織委員会等との関係、聖火ランナーとして走行する事実又は聖火ランナーとして知得した事実について、商品等の広告・宣伝の目的を持って公表してはならず、そのように受け取られるおそれのある行為をしないでください。

走行時の服装などについて

  • 走行当日、聖火ランナーユニフォームとして、シャツ(長袖または半袖)、ズボン(長ズボンまたはショートパンツ)を支給します。ユニフォーム以外のシャツ、ズボンの着用・持ち込みはできません。
  • 支給されたユニフォームのデザインや形状を変更して走行することはできません。
  • 走行に必要な物以外の着用・持ち込みはできません。また、広告物などを身に着けて走行することはできません。
  • ユニフォームに、靴は含まれておりませんので、各自スポーツシューズをご用意ください。なお、運営側の特殊な演出等の場合を除き、ローラーブレード等の用具は使用できません。
  • 聖火ランナーとして走るときは、突飛な髪型、顔面装飾などのペインティング、派手なアクセサリー類の装着などはできません。より詳細なガイドラインは、当選後に別途ご案内します。

聖火ランナー当選後について

  • 聖火ランナーに当選された場合、2019年12月(予定)以降、順次、沖縄県実行委員会から、速報として当選のご連絡をさせていただきます。その後、東京2020組織委員会から正式な当選通知をさせていただきます。また、それ以降のご連絡は、東京2020組織委員会から行います。
  • 2020年3月1日時点で18歳未満の方は、当選後に、保護者による同意書を別途ご提出いただきます。
  • 聖火ランナーは、当日の走行において携行した聖火リレー用トーチを購入することが可能です。購入価格や購入方法については、当選後に別途ご案内します。
  • 事前送付物がある場合、応募用紙にご記入いただいた連絡先に、メールまたは郵送で送付します。
  • 事前連絡、走行当日のコミュニケーションは、日本語または英語のみとなります。
  • 参加料は無料ですが、走行当日の集合場所までの往復交通費(宿泊が必要な場合はそれも含む。)は、参加者の自己負担となります。やむを得ない理由等により、当日のリレー実施が中止となった場合でも、返金・補償することはありません。
  • 走行当日は、集合場所において、本人確認を実施しますので、顔写真付身分証(免許証、パスポート等)の持参・ご提示をお願いします。
  • 走行当日は、集合場所において、走行時の注意事項や同意事項への同意、最終的な走行意思の確認のために、ご本人により、走行同意書にサインをしていただきます。
  • 応募用紙の記載に虚偽・不正があったことが判明した場合は、当選は取り消しとさせていただきます。
  • 聖火ランナーの応募要件を満たさないことが明らかとなった場合や、東京2020大会のイメージを損なう行為を行った場合、その他組織委員会が聖火ランナーとして不適切と認めた場合は、当選を取り消しとさせていただく場合があります。

その他同意事項

聖火ランナーへの申込にあたっては、東京2020オリンピック聖火リレー及び東京2020大会の実施運営並びに将来のオリンピックの発展に関する活動のために、応募時に、以下の全ての事項にご同意いただく必要があります。

1.個人情報の取り扱いについて

  • 聖火ランナーの申込に際し、東京2020組織委員会及び沖縄県実行委員会が収集した個人情報は、東京2020組織委員会及び沖縄県実行委員会がそれぞれ定める個人情報保護方針に従って取り扱わせていただきます。漏洩/滅失等をすることがないように、東京2020組織委員会及び沖縄県実行委員会が、保管場所の管理、アクセス制限、持ち出しの制限、外部からの不正なアクセスの防止等、安全に管理するための措置を講じます。また、個人情報の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法律及び関連法令等を遵守いたします。
    ※ 東京2020組織委員会の個人情報保護方針: https://tokyo2020.org/jp/privacy-policy/
  • 聖火ランナーの申込に際し、東京2020組織委員会及び沖縄県実行委員会が収集した個人情報は、沖縄県実行委員会が収集した個人情報については東京2020組織委員会に提供された上で、 東京2020オリンピック聖火リレー及び東京2020大会の実施運営並びに将来のオリンピックの発展に関する活動のために、東京2020組織委員会の定める個人情報保護方針に従って、国際オリンピック委員会及び日本オリンピック委員会に提供される場合があります。
  • 聖火ランナーの申込に際し、東京2020組織委員会及び沖縄県実行委員会が収集した個人情報のうち、氏名・年齢・住所(国名、都道府県名、市区町村名に限る ) ・自薦理由・推薦理由に関しては、沖縄県実行委員会が収集した個人情報については東京2020組織委員会に提供された上で、東京2020大会及び東京2020オリンピック聖火リレーの広報活動等のために、東京2020組織委員会の定める個人情報保護方針に従って、協力メディア等(新聞、雑誌、テレビ、インターネット等)の第三者及び東京2020組織委員会の業務委託先に提供される場合があります。

2. 肖像権・プライバシー権等について

  • 東京2020組織委員会、沖縄県実行委員会又はこれらの指定した者が聖火ランナーの肖像等を撮影・録音した映像・写真・音声、及び聖火ランナーの個人情報(氏名、年齢、住所、自己PR・応募動機、推薦理由。なお、住所は国・都道府県・市区町村までの情報に限ります。)は、東京2020オリンピック聖火リレー及び東京2020大会の実施運営並びに将来のオリンピックの発展に関する活動のために、東京2020組織委員会、沖縄県実行委員会、国際オリンピック委員会又はこれらの指定した者が、それぞれ定める個人情報保護方針等に従って、期間及び地域の制限なく、対価を要さずに、公に公開し、または商業的もしくは非営利目的を問わず利用できるものとします(例えば、テレビ、新聞、雑誌、インターネット、SNSその他の有形無形を問わない媒体または将来新たな技術により開発された媒体による利用など、あらゆる利用方法を含みます。)。また、聖火ランナーは、かかる利用行為等に対し、肖像権及びプライバシー権等を主張しないことに同意いただきます。

3.免責事項等

  • 走行日当日に聖火ランナーが被った傷害または疾病、紛失及び毀損については、東京2020組織委員会及び沖縄県実行委員会の故意又は重大な過失に基づく場合を除き、東京2020組織委員会及び沖縄県実行委員会は一切の責任を負いません。
  • 走行日当日に、聖火ランナーが負傷または発病した場合には、応急処置や緊急搬送など、必要な措置を取らせていただきます。この場合、搬送先の病院に対して、聖火ランナーの診療情報の提供を求めることがあります。

4.中止・変更

  • 災害、荒天、事件・事故など、やむを得ない理由により、当日のリレー実施を中止または時間変更する場合がありますのでご了承ください。

5.保護者の同意

  • 2020年3月1日時点で、18歳未満の方は保護者の同意書が必要です。

6.健康状態について

  • 走行日当日に、聖火リレー用トーチを自身で保持し、安全に走行できる健康状態でない場合は、走行を取りやめていただく可能性があります。

7.走行日当日のスケジュール確保について

  • 走行日当日は、走行時間を含み、集合から解散まで3時間程度の時間を要しますので、スケジュールの確保をお願いいたします。ランナー選定後に別途ご案内する場所での集合、解散となり、途中参加や途中解散は認められませんのでご注意ください。
    詳細のスケジュールについては、2020年2月下旬以降、ご連絡いたします。

8.代理出走(走行枠の他者への譲渡)について

  • 本人に代わり別の人を出走させること(代理出走)はできません。聖火ランナー当選後に、何らかの理由で走行不可となった場合、東京2020組織委員会へご連絡ください。

9.反社会的勢力等への不関与について

  • 暴力団、暴力団員(又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者)、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団をはじめ、テロリズムその他の犯罪行為を行うおそれがある団体の構成員又はテロリスト等(疑いがある場合を含みます。)その他これらに準ずる者(以下、総称して「反社会的勢力等」といいます。)は走行することができません。
  • 反社会的勢力等を利用し、反社会的勢力等の維持・運営に関与し、又は反社会的勢力等と社会的に非難されるべき関係を有するなど反社会的勢力等と不適切な関係をもつ者は走行することができません。
  • 聖火リレーの安全確保のため、聖火ランナーの応募者に関する情報を、政府機関等に照会させていただく場合があります。

聖火ランナー応募時の記載事項

①走行希望日

沖縄県のリレー実施日の中から、走行希望日を記入してください。

②走行を希望する市町村

走行を希望する市町村と、その市町村との関わりを記入してください。
(必ずしもご希望の市町村で走行できるとは限りません。)

③申込者の情報

申込者の氏名、性別、生年月日、国籍、住民票に記載の住所、電話番号、E-mailアドレス、使用言語、職業、勤務先や学校等の名称、勤務先や学校等の住所を記入してください。また、本名以外の呼称で本名に代わるものとして広く通用しているものがある場合のみ、通称名を記入してください。なお、性別については、日本人の場合は戸籍に記載の性別、外国人の場合はパスポートに記載の性別を記入してください。

④緊急連絡先

緊急事態が発生した場合等に、走行当日に連絡が取れる方について、申込者との関係、氏名、電話番号(携帯電話がある場合は携帯電話)、E-mailアドレス、住所を記入してください。

⑤保護者の情報・同意

2020年3月1日時点で申込者が18歳未満の場合、保護者について、申込者との関係、氏名、電話番号、E-mailアドレス、住所、申込者が走行することに同意したことを記入してください。

⑥自己PR・応募動機(400字程度)

「聖火ランナーの基本応募要件」及び「聖火ランナー選定の基本的な考え方」をふまえて、申込者の自己PRや聖火ランナーとして応募する動機を記入してください。また、東京2020組織委員会が策定した「アクション&レガシープラン」の「5本の柱」のうち、自己PRや応募動機の内容に沿う分野を選択してください。
※「アクション&レガシープラン」と、「5つの柱」の各分野については本ページ下部をご参照ください。

⑦第三者の推薦

申込者を推薦する方(個人・団体の別を問いません。)について、申込者との関係、氏名、E-mailアドレス、住所を記入します。

⑧推薦理由(400字程度)

推薦者が申込者を聖火ランナーとして推薦する理由を記入してください。

⑨ユニフォームサイズ

ユニフォームとして支給されるシャツ、ズボンのサイズについて、下記の表を参考に記入してください。なお、希望のサイズのユニフォームが支給できない場合があり得ますので、ご了承ください。
サイズ XS S M L XL 2XL 3XL 4XL
身長 157〜163 162〜168 167〜173 172〜178 177〜183 182〜188 187〜193 192〜198
チェスト 81〜87 85〜91 89〜95 93〜99 97〜103 101〜107 105〜111 109〜115
ウエスト 67〜73 71〜77 75〜81 79〜85 83〜89 87〜93 91〜97 95〜101
(表記はユニセックスサイズ/単位=cm)

⑩特別な配慮の必要性

申込者について、障がいの有無、必要な特別な配慮の内容、単独走行の可否、補助が必要な場合の内容、介助者の有無、介助者の氏名及び住所を記入してください。

※アクション&レガシープラン

東京2020大会は、単に2020年に東京で行われるスポーツの大会としてだけでなく、2020年以降も含め、日本や世界全体に対し、スポーツ以外も含めた様々な分野でポジティブなレガシーを残す大会として成功させなければいけません。東京2020組織委員会は、多様なステークホルダーが連携して、レガシーを残すためのアクションを推進していくために、「スポーツ・健康」、「街づくり・持続可能性」、「文化・教育」、「経済・テクノロジー」、「復興・オールジャパン・世界への発信」の5本の柱ごとに、各ステークホルダーが一丸となって、計画当初の段階から包括的にアクションを進めていくこととしました。
※アクション&レガシープラン:https://tokyo2020.org/jp/games/legacy/

分野(「5本の柱」) 分野の具体例
スポーツ・健康 スポーツ振興、健康づくり、共生社会の実現
街づくり・持続可能性 街づくり、地域活性化、環境・人権
文化・教育 文化芸術活動、オリンピック・パラリンピック教育の推進
経済・テクノロジー 経済、サービス、農林水産、テクノロジー活用
復興・オールジャパン・世界への発信 復興、世界平和、日本の魅力発信、ボランティア

沖縄県 聖火ランナーお申し込み

※A3でのご出力をお願いします。